JR京都駅のコインロッカーや荷物預かり情報まとめ。料金や利用時間などを写真付きで紹介

調査日:2018年7月29日

京都に来たら、いろいろとお出かけや観光するかと思います。

そのときにたくさん荷物を持っていると、せっかく京都観光しても疲れてしまいますよね。

疲れてしまって楽しめなくなってしまうのはもったいないと思いますので、重たい荷物はコインロッカーに預けてしまうのがいいですよ。

それに、京都駅ではたくさんコインロッカーがありますので、比較的荷物を預けやすいと思います。

このページでは、京都駅にあるコインロッカー情報をまとめて紹介してきますね。

目次

京都駅八条口側のコインロッカー

京都駅のコインロッカーを探していたときに一番多いと思ったのが八条口側でした。

コインロッカー配置図まで用意されているぐらいで、いたるところにコインロッカーがありましたよ。

京都駅のコインロッカー

▼コインロッカーがこんな感じでズラリと並んでいます。

京都駅のコインロッカー

▼八条口側のコインロッカーは花がデザインされているのが特徴。

京都駅のコインロッカー

料金は1回ごとに300〜700円です。
当然ながらコインロッカーの大きさによって異なりますよ。

コインロッカーが使えるのは使用開始日も含めて3日間。
3日間を超えてしまった場合はまた追加で同じ料金が発生します。

京都駅のコインロッカー

100円玉がない場合は両替機もありますので安心してくださいね。

ただ、1,000円札しか使えませんので、1,000円札もない場合は他のお店で買い物するか、コンビニATMなどで1,000円札をおろしてくるようにしましょう。

京都駅のコインロッカー

在来線の西口改札にはICOCAコインロッカーがありました

在来線の大きな改札口である西口改札を出て、少し右のほうに進むとここでもコインロッカーがあります。

▼コインロッカーへの案内もありますので、迷いにくいかと思いますよ。

京都駅のコインロッカー

▼西口改札近くのコインロッカーはICOCAコインロッカーになっています。

また、タッチパネルの操作でロッカーの空き情報を調べることもできて便利ですね。

京都駅のコインロッカー

▼西口改札近くのコインロッカーはこんな感じ。

設置数がそもそも少ないため、すぐに埋まってしまいそうですね。

京都駅のコインロッカー

▼ちなみに西口改札近くのコインロッカーではICOCAなど交通系ICカードでの支払いにも対応しています。

わざわざ小銭を用意することもありませんのでラクですね。

京都駅のコインロッカー

対応している交通系ICカードの種類は以下の通り。
ICOCAだけでなく、SuicaやPASMOにも対応しているため、わざわざICOCAを用意する必要はありません。

  • Suica
  • PASMO
  • ICOCA
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • はやかけん
  • SUGOCA
  • nimoca

京都駅のコインロッカー

京都駅中央口のコインロッカー情報

もう1つ、京都駅でコインロッカーがたくさんあるのは中央口になります。

▼京都劇場がある方面、京都駅の中央改札を出た場合はそこから右に歩いて行けばコインロッカーがありますよ。

京都駅のコインロッカー

▼こちらもICOCAコインロッカーに対応していて、300円・500円・700円のロッカーがあります。

八条口のコインロッカーも数が多かったですが、中央口のコインロッカーも負けず劣らず数が多いですね。

京都観光のしやすさを考えると中央口のコインロッカーを使うほうがおすすめですよ。

京都駅のコインロッカー

番外編:ハイクラスのカードを持っているならJCBラウンジ京都が使えます

JCB京都ラウンジ

ちなみに、JCBカードの上級カードを持っていると、京都駅ビルにある「JCBラウンジ京都」が使えます。

こちらでも荷物預かりが使えますよ。
料金は無料になりますので、コインロッカーを使うよりも安くなりますね。

ちなみにJCBラウンジ京都が使える対象になっているクレジットカードは以下の通りです。

ノマド的節約術
JCBラウンジ京都の中を写真付きで徹底解説!京都駅からの行き方・荷物預かり・対象クレカ・使ってみた感想...
JCBラウンジ京都の中を写真付きで徹底解説!京都駅からの行き方・荷物預かり・対象クレカ・使ってみた感想...京都駅すぐ近くにある「JCB Lounge 京都」に行ってきた感想を写真付きで【ノマド的節約術】が詳しくレポートしています。京都駅からの行き方・荷物預かり・同伴者利用・入...

さいごに

京都駅のコインロッカーで荷物を預けたらその後は京都観光を楽しみましょう!

京都は見どころがたくさんあって、いろいろなところで楽しめますよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

日本中をリュック1つで旅しながら、その都度わからなかったことを記事にしているブロガー兼経営者です。コインロッカーを使うことも多く、場所が意外にわからないと思ったので、「コインロッカーのしおり」を作りました!

目次
閉じる