地下鉄中洲川端駅のコインロッカーの場所・料金・サイズ・スーツケース対応状況のまとめ

調査日:2021年3月31日

中洲川端駅は、福岡市地下鉄の空港線と箱崎線が交わる駅です。

中洲川端駅
中洲川端駅

駅名のとおり、「中洲」地区と「川端」地区との境目に立地し、改札口も西側が中洲改札口、東側が川端改札口という名称になっていますよ。

西側は言わずと知れた飲食店が多い「中洲」地区で、最近だとビジネスホテルも多くあります。

東の「川端」地区には数多くの公演が行われる「博多座」、「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」が入った商業施設「博多リバレインモール」、その裏手には「ホテルオークラ」があり、年代問わず楽しめる街です。

さまざまな施設が点在するので、コインロッカーに荷物を預けたいという場面も多くあるのではないでしょうか?

ここでは中洲川端駅にあるコインロッカーについて紹介します。

目次

中洲川端駅のコインロッカーは4ヶ所

中洲川端駅のコインロッカーは全部で4ヶ所あります。すべて改札外にあり【1】〜【4】の数字が割り振られていますよ。

各コインロッカーには配置図が貼られているので、空きがない場合は参考にしましょう。

中洲川端駅のコインロッカー配置図
中洲川端駅のコインロッカー配置図

それでは、数字順に紹介していきます。

【1】中洲改札口側2番・3番出入口横

中洲改札口側にある2番・3番出入口横にあるコインロッカーです。

1番出入口と2番出入口は、天神にも歩いて向かえる位置にありますが、中洲改札口側にある出入口は4番出入口を除いて階段のみとなります。

大きい荷物で移動が難しい場合は4番出入口を利用しましょう。

中洲改札口側2番・3番出入口横にあるコインロッカー
中洲改札口側2番・3番出入口横にあるコインロッカー
【1】中洲改札口側2番・3番出入口横のコインロッカー
【1】中洲改札口側2番・3番出入口横のコインロッカー
  • 400円の小:25個

支払い方法は硬貨のみです。両替機の設置はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

【2】中洲改札口側4番出入口横

中洲改札口側唯一、エスカレーターとエレベーターがある4番出入口の横にあるコインロッカーです。

4番出入口横にあるコインロッカー
4番出入口横にあるコインロッカー
【2】中洲改札口側4番出入口横のコインロッカー
【2】中洲改札口側4番出入口横のコインロッカー
  • 400円の小:10個
  • 600円の中:12個
  • 700円の大(縦長):4個

支払い方法は硬貨のみです。両替機の設置はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

大型サイズになるとスーツケースも入りますね。

【3】川端改札口側5番出入口横

川端改札口側にある5番出入口横にあるコインロッカーです。

5番出入口横にあるコインロッカー
5番出入口横にあるコインロッカー
【3】川端改札口側5番出入口横のコインロッカー
【3】川端改札口側5番出入口横のコインロッカー
  • 400円の小:15個

支払い方法は硬貨のみです。両替機の設置はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

【4】川端改札口側連絡通路奥

川端改札口から中洲改札口へ向かう通路奥にあるコインロッカーです。

川端改札口中洲改札口へ向かう通路の奥、突き当たりにあるコインロッカー
川端改札口中洲改札口へ向かう通路の奥、突き当たりにあるコインロッカー
【4】川端改札口側連絡通路奥
【4】川端改札口側連絡通路奥
  • 400円の小:10個
  • 600円の中:9個
  • 700円の大(縦長):6個

支払い方法は硬貨のみです。両替機の設置はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

中洲川端駅のコインロッカーを使う時の注意点

中洲川端駅のコインロッカーの出し入れ可能時間は、始発時刻から終車時刻までです。
2021年3月現在では平日、土日ともに5時34分から0時16分までとなっていますよ。

最長3日間の利用が可能で、午前1時を過ぎると1日分の料金が加算されます。
4日目以降は別の場所へ移され30日間保管の後、処分されます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

豊かな移動を志向する移動系Webライター。
過去大きい荷物を持ちながら国内をうろうろしていたので、コインロッカーの穴場探しに自信があります。

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる