日暮里駅のコインロッカー情報まとめ。利用時間・使い方・料金・穴場などを写真付きで紹介

日暮里駅は、JR山手線・京浜東北線・常磐線が乗り入れ、成田空港直通の京成線スカイライナーが到着する駅でもあります。

東京・渋谷・新宿といった主要駅や、旅行で成田空港に行くのに、乗り換えで便利な駅ですよ。

このページでは、JR/京成線/舎人ライナー日暮里駅にあるコインロッカーの場所・利用時間・使い方・料金・穴場情報などを写真つきで紹介していきますね。

目次

日暮里駅のコインロッカー設置場所

2019年5月現在のコインロッカー設置場所は4カ所ですよ。

  • JR日暮里駅精算所隣(改札内)
  • JR日暮里駅北改札口前(改札外)
  • 京成線(京成線改札内)
  • 舎人(トネリ)ライナー改札隣(改札外)

まずはJRのコインロッカーから紹介していきますね。

JR日暮里駅のコインロッカー

JR日暮里駅精算所隣(改札内)、JR日暮里駅北改札口前(改札外)の2カ所にコインロッカーがあります。

2019年5月現在、日暮里駅は工事中で、京成線前(JR改札内)にあったコインロッカーは北改札口の精算所隣に移動していますよ。

JR日暮里駅の構内図
JR日暮里駅構内図より

JR日暮里駅精算所隣(改札内)は緑で、JR日暮里駅北改札口前(改札外)のコインロッカーは紫の◯で囲んだ場所にあります。

水色の場所(京成線前・JR改札内)にはコインロッカーがないので、注意してくださいね。

日暮里駅の工事は、2020年夏頃完了予定です。

JR日暮里駅精算所隣(改札内)のコインロッカー

▼JR日暮里駅で下車すると、改札を通るためには、どの路線を使っても2階のホームへあがることになります。

JR日暮里駅北改札口ロッカー

▼北改札の精算所右側にコインロッカーがありますよ。

JR日暮里駅北改札口内ロッカー

北改札は一番大きくて目立つ改札なので、どの路線からもわかりやすくてありがたいですね。

料金と個数は次の通りです。

  • 小:13個 400円
  • 中:12個 500円
  • 大:12個 700円

サイズ(内寸)は以下の通りでした。

  • 小:高さ31cm、幅36cm、奥行き58cm
  • 中:高さ49cm、幅36cm、奥行き58cm
  • 大:高さ87cm、幅36cm、奥行き58cm

目安ですが、小は1泊くらいのボストンバッグ、中は機内持ち込み~3泊サイズのスーツケース、大は5~7泊くらいのスーツケースが入る大きさになります。
念のため、荷物のサイズを測ってみてくださいね。

利用時間は、JRの始発から終電まで。

料金は深夜1時までに取り出したときの料金で、深夜1時を超えると24時間ごとに400~700円の料金がかかりますよ。

使用期間は、使用開始日も含めた3日以内です。
4日目には荷物を回収されてしまうので注意してくださいね。

利用方法は、4ステップです。

  1. 荷物を入れ、扉を閉める→赤ランプが点灯しますよ
  2. 画面の指示に従って操作する
  3. 料金を支払う
  4. レシートを受け取る

支払い方法は以下の2種類があります。

  1. SuicaPASMOなどの交通系ICカード
  2. 現金

現金で支払うときは100円玉と500円玉、1,000円札が使えますよ。
付近に両替機はありませんので、小銭と1,000円札をあらかじめ用意しておきましょう。

なお、交通系ICカードと現金の併用はできませんのでご注意くださいね。

ロッカーの鍵を開けるには、それぞれ以下の方法となります。

ロッカーの支払方法 ロッカーを開ける方法
交通系ICカード 交通系ICカード
現金 レシートに入力された暗証番号

支払いに使った交通系Cカードやレシートは、荷物を受け取るまで絶対に失くさないようにしてくださいね!

JR日暮里駅コインロッカーの使い方

使い方の説明図およびタッチパネルは、日本語・英語・中国語・韓国語での表記があります。

月曜日と日曜日の昼に訪れましたが、ほぼ使用中でした。

一番大きい700円のロッカーが数カ所空いているだけでしたよ。
ここのロッカーを使うなら、早朝にくるのがよさそうですね。

JR日暮里駅北改札口前(改札外)のコインロッカー

北改札口を出た目の前にありますよ。

JR日暮里駅北改札口外のコインロッカー全体図

料金と個数は次の通りです。

  • 小:14個 400円
  • 中:12個 500円
  • 大:12個 700円

JR日暮里駅北改札口外のコインロッカー1

JR日暮里駅北改札口外のコインロッカー2

サイズ・利用時間・利用方法・支払い方法は「JR日暮里駅精算所隣(改札内)のコインロッカー」と同じです。

こちらも、一番大きいロッカー以外はほぼ埋まっていました。

改札外にあるロッカーで、駅を利用しない人も利用できるため、一番競争率が激しいかもしれませんね。

京成線(京成線改札内)のコインロッカー

▼JR線のりかえ改札口と南改札口の間の、一般電車専用ホーム側にありますよ。

京成線日暮里駅のコインロッカー場所
京成線日暮里駅の構内図

▼証明写真とATMの間に、ロッカーを見つけました。

京成線日暮里駅コインロッカー

料金と個数は次の通りです。

  • 小:7個 300円
  • 中:6個 500円
  • 大:6個 700円

大きさ・利用時間・利用方法・支払い方法は「JR日暮里駅精算所隣(改札内)のコインロッカー」と同じです。

JRより空いているので、京成線を利用するならオススメの場所です。

サイズ小なら、他のロッカーより100円安いところもありがたいですよね。

舎人(トネリ)ライナー改札隣(改札外)

JR北改札口や京成線北改札口からは、3階に上がって2階に下がった場所にコインロッカーがあります。

舎人ライナー日暮里駅構内図
日暮里駅舎人ライナーの構内図

少しわかりづらいので、場所を写真つきで説明しますね。

▼北改札口を出て、右に曲がり真っ直ぐ進んだ先にあるエスカレーターで3階に上がってください。

JR京成線日暮里駅から舎人ライナーへの行き方1

▼3階に上がってすぐ、目の前にあるエレベーターか階段で2階に下がりましょう。

JR京成線日暮里駅のエスカレーターを上った写真

▼この道を真っ直ぐ進みます。

JR京成線日暮里駅から舎人ライナーへの行き方3

▼しばらくすると、2階改札の隣にコインロッカーがありますよ。

舎人ライナーのコインロッカー1

舎人ライナーのコインロッカー全体図

料金と個数は次の通りです。

  • 小:15個 400円
  • 中:3個 500円
  • 大:2個 700円

サイズ(内寸)は以下の通りでした。

  • 小:高さ34cm、幅37cm、奥行き55cm
  • 中:高さ55cm、幅37cm、奥行き55cm
  • 大:高さ89cm、幅37cm、奥行き55cm

利用時間は、舎人ライナーの始発から終電までです。

料金は深夜1時までに取り出したときの料金で、深夜1時を超えると24時間ごとに400~700円(大きさによる)の料金がかかりますよ。

使用期間は、使用開始日も含めた3日以内です。4日目には荷物を回収されてしまうのでご注意くださいね。

利用方法は、こちらです。

  1. 荷物を入れ、扉を閉める
  2. 表示料金(400~700円)分の100円硬貨を入れる
  3. 鍵を左に回して抜く

鍵は大切に保管しておきましょうね。

支払いは100円硬貨のみです。

ちなみに、コインロッカー付近に両替機はありませんでした。

両替が必要なときは、切符を購入するか、ミニストップで何かを購入・両替してもらうしかありません。

あらかじめ、100円硬貨を用意しておくとスムーズですね。

使い方の説明図には、日本語・英語での表記がありましたよ。

サイズ小のロッカー数が多いので、小さい荷物を預けるときはここが穴場です。

大は2カ所しかないので、大きな荷物を預けるときは、JRか京成線のロッカーのほうが、空いている確率が高いでしょう。

日暮里駅周辺のコインロッカーまとめ

JR日暮里駅精算所隣(改札内)

現金・交通系ICカード利用可。空きは少ないので、朝の利用がオススメです。
JRを利用するなら、一番便利で分かりやすい場所にありますよ。

JR日暮里駅北改札口前(改札外)

現金・交通系ICカード利用可。こちらも空きは少ないので、朝の利用がオススメです。
改札をくぐらなくても利用できます。

京成線(京成線改札内)

現金・交通系ICカード利用可。
京成線の改札をくぐらなくては、利用できないためか、空きが多めです。

サイズ小なら、他のロッカーより100円安いので、節約するならこちらがオススメですよ!

舎人(とねり)ライナー改札隣(改札外)

現金(100円硬貨)のみで、付近に両替所がありません。
他のロッカーと比べると少し離れた場所にありますが、舎人ライナーを使うなら便利ですよ。

サイズ小なら空きが多く、一番の穴場です。

さいごに

JR日暮里駅看板

日暮里駅周辺を歩いてみると、坂や階段が多いことに気づきます。

観光客で賑わっているのとこぢんまりとしているお店が多いので、スーツケースや大荷物での移動はしづらく、日暮里駅で荷物を預けられたら便利だなぁと思いました。

駅周辺は、日暮里繊維街や谷中銀座・夕焼けだんだん・根津神社などのお買い物・観光スポットがあり、乗り換え以外でも楽しめる場所ですよ。

コインロッカーを利用して、繊維街での布製品買い付けや、観光スポットでの食べ歩き・写真撮影を楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

目次
閉じる