MENU
カテゴリー

松阪駅のコインロッカーの場所・料金・サイズ・スーツケース対応状況のまとめ

調査日:2021年7月17日

松阪駅はJR紀勢線、近鉄山田線の駅です。

松阪駅南口(JR側)
松阪駅南口(JR側)
松阪駅北口(近鉄側)
松阪駅北口(近鉄側)

近鉄の観光特急しまかぜと停車駅の少ない特急は通過しますが、それ以外はJRの列車も含めてすべての列車が停車します。

また南口からは市内各所や熊野方面へのバスも発着し、大阪・奈良方面と尾鷲・熊野などの東紀州方面との乗り換え拠点にもなっていますよ。

松阪は言わずと知れた松阪牛の生産地で、駅周辺には松阪牛を取り扱うお店も何件かあります。

私も乗り換えの際に食べに行ったことがありますが、駅から少し歩くところが多いので、駅のコインロッカーに荷物を預けていくといいですよ。

目次

松阪駅のコインロッカー

松阪駅のコインロッカーはすべて改札外でJR側の南口に1ヶ所、近鉄側の北口に1ヶ所の計2ヶ所あります。

通常違う会社が交わる駅は改札口が会社ごとに別々になっていることが多いですが、松阪駅は南側がJR東海、北側は近鉄が管理しているものの駅構内はつながっていて、どちらの列車に乗っても両方の改札口が利用できますよ。

JR側北口

JR側北口の改札口を出て左側、バスのりばの手前あたりにコインロッカーがありますよ。

JR側北口のコインロッカー
JR側北口のコインロッカー
  • 300円の小:10個
  • 400円の中:6個
  • 500円の大:2個

大型のコインロッカーはスーツケースも入れられそうですね。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

近鉄側南口

近鉄側南口の改札口を出てすぐのベンチ横にもコインロッカーがありますよ。

近鉄側南口のコインロッカー
近鉄側南口のコインロッカー
  • 300円の小(縦幅狭め):16個
  • 500円の中:6個

こちらは縦幅狭めの小型と中型のコインロッカーのみなので、大きいスーツケースは入れられません。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

松阪駅のコインロッカーを使うときの注意点

松阪駅のコインロッカーの出し入れ可能時間はJR側の南口と近鉄側の北口とで異なります。

JR側南口コインロッカーの出し入れ可能時間は4時から24時までです。午前0時を超えると1日分の料金が加算されますよ。

使用期間は「3日以内」と書かれている上からテープが貼られていましたが、近隣の津駅や伊勢市駅も3日以内ですし、コインロッカーを管理する東海キヨスクのホームページにも3日以内と書かれていたので、3日以内で問題なさそうです。4日目以降は別の場所に移され、30日間保管の後処分されます。

近鉄側北口のコインロッカーの出し入れ可能時間は、近鉄線の始発時刻から終発時刻までです。2021年7月現在、始発は5時10分、終発は0時ちょうどとなっていますよ。

午前1時を過ぎると1日分の料金が加算され、最大3日間利用できますよ。4日目以降は別の場所に移され、30日間保管の後処分されます。

松阪駅観光情報センターの手荷物預かり

もし駅のコインロッカーが空いていない場合は、南口にある松阪駅観光情報センターでも手荷物を預かってくれますよ。

松阪駅南口にある松阪駅観光情報センター
松阪駅南口にある松阪駅観光情報センター
松阪駅観光情報センター
松阪駅観光情報センター

観光案内所自体の営業時間は9時から18時までですが、手荷物の取り扱いは17時30分までとなります。1個につき200円で預かってくれますよ。

こちらではレンタサイクルの貸し出し(4時間400円・電動アシストは500円)も行っているので、手荷物を預けてレンタサイクルで松阪観光を楽しむのもいいですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

豊かな移動を志向する移動系Webライター。
過去大きい荷物を持ちながら国内をうろうろしていたので、コインロッカーの穴場探しに自信があります。

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる