MENU
カテゴリー

伏見稲荷駅のコインロッカーの場所・料金・サイズ・スーツケース対応状況のまとめ

調査日:2022年10月31日

伏見稲荷駅は京都市伏見区にある京阪本線の駅です。

伏見稲荷駅
伏見稲荷駅

駅名のとおり、伏見稲荷大社への最寄り駅となっており、コインロッカーも数多く設置されています。

目次

伏見稲荷駅のコインロッカー

伏見稲荷駅のコインロッカーは、改札内大阪淀屋橋方面行きホーム上に1ヶ所、改札外西側に1ヶ所の計2ヶ所です。

【改札内】大阪淀屋橋方面行きホーム

大阪淀屋橋方面行きホームにあるコインロッカーです。

大阪淀屋橋方面行きホームにあるコインロッカー。まっすぐ進むと改札口。
大阪淀屋橋方面行きホームにあるコインロッカー。まっすぐ進むと改札口。
【改札内】大阪淀屋橋方面行きホームのコインロッカー
【改札内】大阪淀屋橋方面行きホームのコインロッカー
  • 400円の小:8個(上の2個は使用不可)
  • 600円の中:6個
  • 700円の大:4個

大型のコインロッカーがあるので、大きいスーツケースも入れられそうですね。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

なお、伏見稲荷駅の大阪淀屋橋方面行きホームと反対側の京都出町柳方面行きホームは改札内でつながっておらず、京都方面から伏見稲荷駅で降り、伏見稲荷駅から大阪方面へ行くときでしか使えません。

大阪方面から伏見稲荷駅に来る場合や伏見稲荷駅から京都方面に行く場合は、このあと紹介する改札外のコインロッカーを利用しましょう。

線路の右側(東側)の改札口が、改札内にコインロッカーがある大阪淀屋橋方面行きホーム。
線路の右側(東側)の改札口が、改札内にコインロッカーがある大阪淀屋橋方面行きホーム。
右側(東側)の改札からは大阪淀屋橋方面にしか行けないので、その旨外国人観光客にもわかるように掲示されている。
右側(東側)の改札からは大阪淀屋橋方面にしか行けないので、その旨外国人観光客にもわかるように掲示されている。

【改札外】西側

京都出町柳方面行きホームがある西側の改札外にもコインロッカーがありますよ。

京都出町柳方面行きホームへの改札外にあるコインロッカー
京都出町柳方面行きホームへの改札外にあるコインロッカー
【改札外】西側のコインロッカー
【改札外】西側のコインロッカー
  • 400円の小:24個(一番右上の1個は使用不可)
  • 600円の中:13個
  • 700円の大:10個
  • 800円の特大:1個

1個だけですが特大のコインロッカーがありますし、大型のコインロッカーも多く設置されています。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

伏見稲荷駅のコインロッカーを使うときの注意点

伏見稲荷駅のコインロッカーの利用可能時間は、始発から終電までです。

2023年1月現在、始発は5時14分、終電は24時20分となっています。

最大3日間の利用が可能で、午前1時を過ぎると1日分の料金が加算されます。

4日目以降は別の場所に移され、その日から数えて30日間保管の後、処分されるので注意しましょう。

近くのコインロッカー

伏見稲荷駅から南東に徒歩5分ほど歩いたJR稲荷駅にもコインロッカーが設置されています。

伏見稲荷駅のコインロッカーが空いていないときや、使用ができない時間帯はこちらの利用も検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホテルの荷物預かりなら無料になります

コインロッカー情報を紹介してきましたが、もし周辺のホテルに宿泊予定であれば、コインロッカーを使う前にホテルに行けば無料で手荷物預かりしてもらえます。

チェックイン前・チェックアウト後でも当日なら無料ですよ!

もしこれから近くで宿泊予定であれば、以下からホテル予約しちゃいましょう。

 
周辺の遊び場探し

近くのレジャー施設・アクティビティなどに行くなら「asoview」でチケットを買うのがおすすめです!お出かけ前に準備しておくと時間短縮になりますよ。

\ 割引チケットもあるよ! /

コインロッカーの料金を回収するのにおすすめのアプリ

電車や車での移動や、歩くだけでもお金が貯まる無料アプリ「トリマ」がおすすめです!

コインロッカー代を少しでも回収できますよ◎
私も毎日10円以上貯まっています!

無料ダウンロードすれば、今すぐに使えますよ!

\ 1分後に使える! /

この記事を書いた人

豊かな移動を志向する移動系Webライター。
過去大きい荷物を持ちながら国内をうろうろしていたので、コインロッカーの穴場探しに自信があります。

情報提供お願いします

コメントする

目次