MENU
カテゴリー

鳥羽駅のコインロッカーの場所・料金・サイズ・スーツケース対応状況のまとめ

調査日:2021年7月17日

鳥羽駅は近鉄鳥羽線・志摩線とJR参宮線の駅で、鳥羽観光の拠点となる駅です。

この駅からとなりの中之郷駅までの間には、鳥羽港めぐり観光船のりばやミキモト真珠島、鳥羽水族館などの観光施設が数多くありますよ。

観光拠点となる駅だけあって、コインロッカーも数多く設置されています。

鳥羽駅(近鉄・海側)
鳥羽駅(近鉄・海側)
鳥羽駅(JR東海・山側)
鳥羽駅(JR東海・山側)
目次

鳥羽駅のコインロッカーは近鉄側のみ

鳥羽駅のコインロッカーはすべて改札の外で近鉄側にあります。JRの駅構内にコインロッカーはないので、階段を上がって近鉄側のコインロッカーを使いましょう。

JR鳥羽駅構内にコインロッカーは見当たらない。
JR鳥羽駅構内にコインロッカーは見当たらない。

近鉄4番出口通路

鳥羽駅の改札口は近鉄・JRともに1ヶ所ずつです。近鉄の改札口を出て右、JR鳥羽駅方面につながる4番出口通路の両側にコインロッカーがあります。

近鉄の改札口を出て右側、4番出口への通路にコインロッカーがある。
近鉄の改札口を出て右側、4番出口への通路にコインロッカーがある。
近鉄4番出口通路のコインロッカー
近鉄4番出口通路のコインロッカー
近鉄4番出口通路のコインロッカー
近鉄4番出口通路のコインロッカー
  • 300円の小:60個
  • 500円の中:30個
  • 600円の大:12個

大型のコインロッカーはスーツケースも入れられそうですね。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

ほかのコインロッカーは最大3日間利用できますが、こちらのコインロッカーの利用は当日限り(出し入れ可能時間は始発時刻から終発時刻まで)となります。

コインロッカーがある場所自体は、近鉄の改札口から段差なくアクセスできますが、その先の4番出口にはエスカレーター・エレベーターはありません。JR線への乗り換えや山側の出口へは階段のみとなるので気をつけてくださいね。

近鉄待合スペース内

近鉄の改札口を出ると広い待合スペースが見えます。この待合スペース内にもコインロッカーがありますよ。

近鉄の改札口を出ると見える待合スペース
近鉄の改札口を出ると見える待合スペース
待合スペース内にコインロッカーがある。
待合スペース内にコインロッカーがある。
近鉄待合スペース内のコインロッカー
近鉄待合スペース内のコインロッカー
  • 400円の小:4個
  • 600円の中:4個
  • 700円の大:4個

大型のコインロッカーはスーツケースも入れられそうですね。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

近鉄3番出口横

待合スペースの向かい側にある3番出口の横にもコインロッカーがあります。

近鉄3番出口横にあるコインロッカー
近鉄3番出口横にあるコインロッカー
近鉄3番出口横のコインロッカー
近鉄3番出口横のコインロッカー
近鉄3番出口横のコインロッカー(奥の小型ロッカーは縦幅狭め)
近鉄3番出口横のコインロッカー(奥の小型ロッカーは縦幅狭め)
  • 400円の小:18個(うち12個は縦幅狭め)
  • 600円の中:9個
  • 700円の大:20個

こちらにも大型のコインロッカーが設置されているので大きい荷物でも安心ですね。左側ロッカーの小型は縦幅が狭めなので入れる荷物に気をつけましょう。

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

近鉄3番出口階段踊り場

3番出口の階段の踊り場にもコインロッカーがあります。

3番出口の踊り場にあるコインロッカー
3番出口の踊り場にあるコインロッカー
近鉄3番出口階段踊り場のコインロッカー
近鉄3番出口階段踊り場のコインロッカー
小・中・大・特大のコインロッカーが揃う。
小・中・大・特大のコインロッカーが揃う。
  • 400円の小:6個(縦幅狭め)
  • 600円の中:23個
  • 700円の大:18個
  • 800円の特大:2個

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

大型の荷物のロッカーが多めですが、階段の踊り場にありエスカレーターやエレベーターもないので、重たすぎる荷物を預けるのは避けたほうがいいかもしれません。

一方で穴場になりやすい場所です。どこのコインロッカーも空いていない場合はここのコインロッカーに来れば空いているかもしれませんよ。

海側連絡通路内

1番出口は駅の海側にある鳥羽一番街・鳥羽バスセンター・鳥羽マリンターミナル方面への連絡通路につながっていますが、その連絡通路内にもコインロッカーがありますよ。

1番出口とつながる鳥羽一番街・鳥羽バスセンター・鳥羽マリンターミナルへの連絡通路
1番出口とつながる鳥羽一番街・鳥羽バスセンター・鳥羽マリンターミナルへの連絡通路
鳥羽一番街・鳥羽バスセンターを過ぎたところにあるコインロッカー
鳥羽一番街・鳥羽バスセンターを過ぎたところにあるコインロッカー
海側連絡通路内のコインロッカー
海側連絡通路内のコインロッカー
  • 400円の小:16個
  • 600円の中:7個
  • 700円の大:12個
  • 800円の特大:6個

支払い方法は硬貨のみです。近くに両替機はないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。

3番出口踊り場にあるコインロッカーと同様、大型荷物のロッカーが多めですが、近鉄の改札口から段差なくアクセスができるので、大きい荷物がある場合はこちらを利用すると楽ですよ。

ただしほかのコインロッカーが始発時刻から終発時刻まで使えるのに対し、こちらのコインロッカーの出し入れ可能時間は6時から19時50分までと短くなっているので注意しましょう。

鳥羽駅のコインロッカーを使うときの注意点

鳥羽駅のコインロッカーの出し入れ可能時間は、海側連絡通路のコインロッカー(6時〜19時50分)を除いて、始発時刻から終発時刻までです。2021年7月現在、始発は5時22分(土休日は5時23分)、終発は22時58分となっています。

午前1時を過ぎると1日分の料金が加算され、利用当日限りの近鉄4番出口通路のコインロッカーを除いて、最大3日間利用できますよ。4日目以降は別の場所に移されて30日間保管の後処分されます。

手荷物預かり:鳥羽一番街1階「鳥羽一番旅コンシェルジュ」

鳥羽駅と連絡通路で直結している「鳥羽一番街」の1階にある「鳥羽一番旅コンシェルジュ」でも荷物を預かってくれますよ。

「鳥羽一番街」2階連絡口(鳥羽駅近鉄1番出口と連絡通路で直結)
「鳥羽一番街」2階連絡口(鳥羽駅近鉄1番出口と連絡通路で直結)
鳥羽一番街1階にある「鳥羽一番旅コンシェルジュ」
鳥羽一番街1階にある「鳥羽一番旅コンシェルジュ」

なんと大きさ問わず手荷物1個につき200円!かなり安いです。

三重交通バスの「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」を持っていれば半額の100円、JTBで伊勢志摩地区の宿を予約していればクーポン提示することで無料で使えますよ。

利用可能時間は9時30分から閉館時間の30分前の17時(夏休みなどの繁忙期は閉館時間が18時のため17時30分)までです。

なお鳥羽一番街内の1階と2階には小型200円と大型400円のコインロッカーもありますが、訪問した2021年7月時点では利用休止となっていました。

駅のコインロッカーよりも安く、館内にはエスカレーター・エレベーターもあり移動もしやすいので便利でオトクなので、利用再開後はこちらを使うといいですよ。

訪問時は利用休止中だった鳥羽一番街のコインロッカー。1階と2階に2ヶ所ずつある。
訪問時は利用休止中だった鳥羽一番街のコインロッカー。1階と2階に2ヶ所ずつある。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

豊かな移動を志向する移動系Webライター。
過去大きい荷物を持ちながら国内をうろうろしていたので、コインロッカーの穴場探しに自信があります。

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる