MENU
カテゴリー

宇野駅のコインロッカーの場所・料金・サイズ・スーツケース対応状況のまとめ

調査日:2023年1月31日

宇野駅は岡山県玉野市中心部にある、JR宇野線(宇野みなと線)の駅です。

宇野線の終着駅で、目の前には宇野港があります。

宇野港はかつて、フェリーで四国の高松港と連絡する「宇高航路」の発着港でした。

しかし1988年(昭和63年)の瀬戸大橋開通で需要が減少し、2019年(令和元年)12月に廃止。

現在運航しているのは、小豆島・豊島航路と、直島航路のみです。

また宇野駅・宇野港周辺は「瀬戸内国際芸術祭」の舞台のひとつで、周辺にはさまざまなアート作品を展示。

小豆島や直島への玄関口でもあるので、瀬戸内国際芸術祭の期間中は駅周辺は大変にぎわいます。

このページでは、そんな宇野駅のコインロッカーの情報を紹介しますね。

目次

宇野駅のコインロッカーは1か所

宇野駅

宇野駅のコインロッカーは、1か所のみです。

コインロッカーは、改札の中にあります。

宇野駅

改札をくぐり、すぐ左手がコインロッカーの場所です。

宇野駅 コインロッカー

ちょうど便所の前になります。

コインロッカーは背面合わせで、島状に配置されていました。

宇野駅 コインロッカー

宇野駅のコインロッカーの種類と料金、個数は以下のとおり。

  • 小 400円:10個
  • 中 600円:20個
  • 大 800円:11個

大サイズのコインロッカーは、一般的なサイズのスーツケースが入ります。

なお、コインロッカーの支払いは現金のみです。
ICOCAやSuicaなどの交通系ICカードは使えません。

またコインロッカー設置場所には、両替機がありました。

両替機の場所は、コインロッカーの側面です。

両替は500円と1,000円にのみ対応していました。

500円は100円玉を5枚、1,000円は100円玉を10枚へ両替できます。

宇野駅
宇野駅 ロータリー

宇野港にはコインロッカーがないので、宇野駅のコインロッカーを利用

宇野港
宇野港

宇野駅前にある宇野港にはコインロッカーがありません。

宇野港を利用する際にコインロッカーを使いたい場合は、宇野駅のコインロッカーを利用してください。

ただし改札内にありますので、利用するには入場券の購入が必要です。

また宇野駅構内にある玉野観光案内所では、手荷物の一時預かりサービスをしています(有料)。

玉野観光案内所は、改札の外にありますので入場券は必要ありません。

ただし、玉野観光案内所の営業時間内(9:00〜17:00)でしか利用できないので、注意していください。

宇野駅のコインロッカーを使うときの注意点

宇野駅・宇野港
宇野駅・宇野港周辺にあるアート作品のひとつ「宇野のチヌ」。廃材でつくられた巨大なチヌのモニュメント

利用料金についての注意

利用料金は、1日分の金額です。

午前0時を過ぎると利用日数が1日プラスされ、1日分の料金が加算されます。

2日以上利用したときは、引取時に追加料金を投入しないと扉が開きません。

利用期間についての注意

宇野駅のコインロッカーは改札内にありますので、駅が開いている時間内でしか利用できません。

宇野駅の始発は5時台、最終便は深夜0時台(到着列車)です。

ただし利用できる期間は、利用開始日を含めて3日間。

利用期間を過ぎた場合、ロッカーの中の荷物は所定の場所で管理されます。

さらに、15日を過ぎると処分されますので注意しましょう。

また利用期間を過ぎた荷物を引き取る場合、その日までの超過料金の支払いが必要です。

ちなみに荷物を引き取るときの連絡先は、コインロッカーの説明書きに記載してあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホテルの荷物預かりなら無料になります

コインロッカー情報を紹介してきましたが、もし周辺のホテルに宿泊予定であれば、コインロッカーを使う前にホテルに行けば無料で手荷物預かりしてもらえます。

チェックイン前・チェックアウト後でも当日なら無料ですよ!

もしこれから近くで宿泊予定であれば、以下からホテル予約しちゃいましょう。

 
周辺の遊び場探し

近くのレジャー施設・アクティビティなどに行くなら「asoview」でチケットを買うのがおすすめです!お出かけ前に準備しておくと時間短縮になりますよ。

\ 割引チケットもあるよ! /

コインロッカーの料金を回収するのにおすすめのアプリ

電車や車での移動や、歩くだけでもお金が貯まる無料アプリ「トリマ」がおすすめです!

コインロッカー代を少しでも回収できますよ◎
私も毎日10円以上貯まっています!

無料ダウンロードすれば、今すぐに使えますよ!

\ 1分後に使える! /

この記事を書いた人

情報提供お願いします

コメントする

目次